こだわりのライフスタイル

日常のお得な情報を提供するブログです。

サラリーマンは恵まれている?

よくサラリーマンは安定していて福利厚生が充実していて恵まれていると言われますが、本当にそうでしょうか?確かに毎月同じ給料が振り込まれ、厚生年金の半分は会社が負担してくれます。有給休暇もボーナスもありますが、それと引き換えに自分の時間の多くを会社に捧げなければいけません。定時に出社して、定時以降に帰る。成果を上げても、すべて会社の業績となります。嫌な上司や同僚や部下とも会わなければならず、足を引っ張られたり理不尽な要求をされたりと目に見えないコストを多く支払うのが会社員ではないでしょうか。

それに対してフリーランスは、働き方によっては自分の働きたい時に働いて、休みたい時に休めます。有給休暇やボーナスはありませんが、自ら好きなことを仕事にしているフリーランスは、休みたいとも思っていません。成果は全て自分の業績になり、嫌な人と会う必要もないので、収入が安定していない面を除けば、多くのメリットがあるように感じます。社会的な信用が正社員に比べて低いですが、これからフリーランスは増えてくるはずなので、社会的地位も上がってくるように感じます。

周りのフリーランスと会社員を比較しても、フリーランスの人の方が幸せそうな顔をしているのに対し、会社員は不幸そうな人が多いです。サラリーマンが安定した収入というのも疑わしいところです。終身雇用制度は崩壊し、大企業でも潰れますし、リストラもあります。

40歳以降で勤めていた会社が倒産したり、リストラされたら、フリーランスとして生きていくしかないわけですが、果たして生きていけるのでしょうか?会社員としての生き方が染み付いてしまい、自堕落な生活をしていた人であれば、フリーランスの荒波の中で生きていけるとは到底思えません。生活保護コースまっしぐらです。

であれば、早い段階でフリーランスになるか、サラリーマンをしながら、会社に依存せずにいつでもフリーランスとして生きていけるように自分を律して磨いていく事が大事な気がします。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。