こだわりのライフスタイル

日常のお得な情報を提供するブログです。

脱サラして起業しようと思ったら

サラリーマンはつくづく気楽なもんだなぁと感じます。結果を出さなくても毎月給料はもらえるし、経費の計算はしなくていいし、有給休暇はあるし、福利厚生はあるし。大企業に勤めたら、なかなか独立しようなんて思わないのが普通でしょうね。よほど野心のある人か会社でぞんざいな扱いを受けない限り、辞めない方が楽に生きれると感じます。

独立して成功している人を見ると、自分も脱サラして成功できるんじゃないかと感じる事がありますが、失敗して悲惨な人生を歩んでいる人の方が多いでしょうから、やはり慎重に考え直す事が度々あります。20代の間は脱サラして起業して失敗しても、またサラリーマンに戻れるでしょうが、30代後半以上になって失敗すると、生活保護コースになってしまいます。

それでも日本は生活保護という救済措置があるのでまだ恵まれているとも言えそうです。まだ迷っている内は独立しない方が賢明な気がしますね。クビになるまでダラダラとサラリーマンをしながら、サイドビジネスで稼ぐのも面白い生き方だと思いますし、サイドビジネスの収入が本業の収入を超えたら独立するのもアリだなと感じます。

これからサラリーマン社会は崩壊すると言われていますが、すぐには来ないはずです。また、フリーランスが増えてはくるものの、まだ今の段階ではフリーランスの世間からの評価や信用は低いです。これから徐々に評価は高くなってくる可能性があるので、今サラリーマンで独立を考えている30代後半以上の人は、もう少し待ってから独立する方が無駄な苦労をしないで済む気がします。

これから大不況が来るとも言われているので、年収分くらいの貯金をして、サイドビジネスで月収分くらい稼いでからチャレンジしても遅くない気がしました。今は副業ブームですし、初期費用がかからずに、ネットでできる副業からやればリスクも無いので、向いていないと思ったら辞めればいいだけの話です。副業可の会社だろうと禁止の会社だろうと、法的な拘束力は無いので、やっちゃった方が得ですね。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。