こだわりのライフスタイル

日常のお得な情報を提供するブログです。

昼寝の快楽

昼寝って良くないですか?私は休日、よく昼寝をするのですが、15分から30分くらいの昼寝をすると、頭がスッキリして仕事や勉強がはかどります。昼食を食べた後に眠気がやってきたら、抵抗する事なく寝るようにしています。休日だからこそできる特権くらいに思ってやっています。

最近は、企業でも昼寝の時間を設けたりするところがあるそうですが、やはり生産性が上がるからでしょうね。眠気を我慢して何かをやっても頭に入らないことは学生の時に誰もが経験済みでしょうから、やはり昼寝をした方が効率良く時間を使えますね。

私の経験から申しますと、1時間以上昼寝をすると、体がだるくなってやる気があまり出ない印象です。夜も眠りにくくなるので、長い昼寝はマイナスな気がします。意識が無くなる睡眠で、15分から30分くらいがベストで、アラームをかけないで自然と目が覚めるのが最も気持ち良いですね。最近は昼寝に慣れてきたのか、それくらいの時間で起きれるようになってきました。訓練次第でコントロールできるんじゃないかなと思っています。眠気に襲われるまで寝ない事で、短い時間の良質な睡眠が取れる気がします。良質な睡眠を取った時のあの快楽は、何物にも代えがたい幸福なひと時です。

精神的に疲れていたり、やる気が出ないときは、心ゆくまで眠ると、大抵復活するので、睡眠が最高の薬な気がします。元格闘家の魔裟斗さんが、現役時代に疲れを取るために、マッサージをしたり、酸素カプセルに入ったりしたそうですが、結局心ゆくまで寝るのが最も疲れが取れたと言っていたので、スポーツ選手に限らず、学生もビジネスマンも睡眠って何よりも優先して取るのが正解ではないでしょうか?

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。