こだわりのライフスタイル

日常のお得な情報を提供するブログです。

一つの事ができると多くの事ができる?

学生時代に校長先生が、「一つの事ができる人は、多くの事ができる。一つの事ができない人は、何もできない。」と仰っていました。

大人になって、世の中を観察していると、確かにその通りだなと感じます。何か一芸に秀でた人は、他の事をやらせても割とうまくいっている気がします。これは、一芸を身につけた際のノウハウが他の事にも生かされているためだと私は理解しています。結局どんな事も根っこにある考え方は似ているのかもしれませんね。

そう考えると、若い頃は一つの事に集中して一芸を身につけ、その後に広げていくのが賢い生き方と言えます。若い頃から転職ばかりする若者がいますが、これは将来の選択肢を狭めているのかもしれません。若い頃は、自分がどんな分野に向いているのかわからないため、転職を否定するつもりはありませんが、どこかのタイミングで一つの仕事に没頭した方が将来の選択肢は広がるでしょうね。

どんな仕事も、楽しい部分もあれば楽しくない部分もあるでしょうし、仕事と名のつくもので楽なものは無い気がします。その仕事の酸いも甘いも知ると、他の仕事に対しても過度な期待を持たなくなるのできっと上手くいくのだと感じます。

器用貧乏な人は、あえて一つの事を徹底的にやってみると道が開けるかもしれませんね。器用な人は、すぐに飽きて辞めてしまうのですが、そこでもう少し辛抱してやってみる。どんな分野も奥が深いはずなので、その奥深さに触れるまでやってみると、飽きずに続ける事ができるかもしれませんね。自戒の念も込めて書いています。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。