こだわりのライフスタイル

日常のお得な情報を提供するブログです。

食事の間隔を16時間以上空ける

以前YouTubeで、食事の間隔を1日1回16時間以上空ける事を勧める動画を見ました。具体的には、夕食と朝食の間を空けるのですが、実際にやってみました。

私は仕事が夕方にあるので、始まる前の15:00くらいに昼食兼夕食を取ります。そこでしっかりと食べた後は、翌日の8:00くらいまで食べません。それを3週間くらい続けた結果、体調がすこぶる良いのを実感しています。朝食はリンゴとバナナとヨーグルトとコーヒーで、1日2食ですが、お腹もあまり減りませんし、むしろ空腹の快楽を楽しめるようになりました。頭もよく働きますし、体重も減りました。食費もかからなくなって、良い事だらけなのです。16時間以上空けることで、体が脂肪を燃焼してエネルギーを作ろうとするそうです。

既に痩せていて、体脂肪率の低い人はやらないほうが良いと思いますが、体脂肪率が平均よりも高い人は試してみても良いと思います。今まで3食しっかり食べていた人にとっては空腹を感じる事が多いと思いますが、空腹が我慢できなくなったら、ナッツだけは食べて良いそうです。私も始めの頃は空腹に耐えられず、ナッツを食べていました。次第に慣れてきたので、ナッツも必要なくなりました。

私は以前まで、3食しっかり食べる事が当然だと考えていたので、運動して体重を落とそうとジムに通っていたのですが、35歳を超えてから体重が落ちにくくなったのです。むしろ増えるばかりでした。体重が増えるのは、食べ過ぎであることに間違い無いので、加齢によって基礎代謝が落ちたら、食べる量も合わせて減らさないといけないことに気づかされました。無料で学べるYouTubeは素晴らしいですね。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。