こだわりのライフスタイル

日常のお得な情報を提供するブログです。

簿記3級は社会人の必須科目

簿記3級を取得して損することはまずないですね。お金の流れがわかりますし、個人事業をやっている人がどのように商売をしているかがよくわかりました。取得するのに、お金や時間もあまりかかりませんし。全国の商工会議所で定期的に行われており、金額も3000円くらいなのでお勧めです。勉強時間も、早い人なら1ヶ月で取得できますし、遅くとも3ヶ月あれば十分ですね。独学で十分取得できるので、興味のある人は本を買って勉強してみて欲しいです。

中小企業のお金の流れを把握するには、簿記2級が必要になってきますが、商売の基本は3級で学べました。ビジネスマンである以上、簿記3級が社会人の必須科目と言われるのはこのためかと勉強して思いました。簿記3級を取得したからと言って、昇進したり、転職に役立つ事はありませんが、普段のお金の管理のためにも勉強しておいて損はないですね。

将来、独立やフリーランスを考えている人にとって、経理の知識がないのはお話になりませんので、資格を取る必要はなくとも、経理の知識は持っておく必要はありますね。

簿記にも種類があるようで、最も難度が高いのは日商簿記だそうです。勉強するなら日商簿記がお勧めです。その後、興味があれば2級や1級を目指して勉強すると将来の選択肢が増えそうです。2級以上取得していれば、転職や昇進に役立つみたいです。税理士や公認会計士の道も見えてきますし。

会計の全ての基礎に据えられているのが、簿記3級なので、私も取得して本当に良かったと心から思える資格です。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。