こだわりのライフスタイル

日常のお得な情報を提供するブログです。

引越しをすると、運気が上がる

私は今まで、7回引越しをしてきました。引越しをする度に感じるのは、人生が好転している事です。

初めての引越しは、大学受験に失敗し、浪人する事が決まった時です。大手予備校の寮に入りました。予備校まで徒歩圏内で、そこで多くの仲間に出会いました。1年間その寮で過ごした結果、見事志望校に合格する事が出来ました。

2度目の引越しは大学生の頃です。社会人になる1年前に、大阪に引越ししました。それまでは大阪の大学に兵庫県から通っていましたが、親との確執があったために引越しする事になりました。親と距離を置くことで、大人になる一歩を踏み出せたように感じます。

3回目と4回目は名古屋に引越ししました。仕事の関係で、名古屋で働く事になったのですが、3回目の引越しが、初めてのシェアハウス体験となりました。そこでは外国人との交流もあり、面白い体験ができたと感じています。

5回目〜7回目は東京に引越ししました。6回目がまたシェアハウスだった事もあり、普段の職場では出会えない人との交流がありました。

振り返ると、引越しをする度に、仕事がうまくいき、生活レベルが向上しているのです。大阪に住んでいる時と東京での1年間ほど、職場まで電車通勤でしたが、それ以外は全て、職場まで徒歩圏内の場所に引越しをしました。これは意図的にそうしたもので、大阪に住んでいた頃に、電車通勤に苦痛を感じていたからです。電車内は本を読んだりできますが、やはり家で一人で読書をする時に比べると、集中力が低かったです。また、体力の消耗や睡眠時間が削られる事に苦痛を感じていました。

その経験から2度目の引っ越し以降、職場から徒歩圏内に引越しをしたのですが、これがすこぶる快適なのです。満員電車で不快な気分になる事もなければ、退社して15分後には自宅にいるという快適さを一度経験してしまうと、もう満員電車には乗れなくなってしまいます。睡眠時間もたっぷり取ることができるので、仕事の効率が上がります。

都内での引越しは、家賃が高いと感じるかもしれませんが、部屋の広さやその他の条件にこだわらなければ、安いところはあります。もしあなたがサラリーマンで、月収30万円稼いでいるとしましょう。月に150時間働いているとすると、時給に換算して2000円です。通勤に往復1.5時間かけているとすると、1日3000円を無駄にしているわけです。1ヶ月だと60000円ほど無駄にしているのです。つまり、家賃が+60000円までなら、引越しするメリットがあるわけです。

私は、手取り収入の3分の1までなら、家賃に使ってもいいと考えています。月収30万円稼いでいる人なら、十分徒歩圏内に住めますし、稼いでいない人でもシェアハウスなどを利用すれば住めます。引越しをするのにお金がかかる、と思う方もいるかもしれませんが、探せば安く引越せるものです。その話はまた次回に。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。